メニュー

ファイルメーカーのリレーション機能の使い方


ファイルメーカーはデータベースのアプリケーションです。データベースはデータを蓄積するもので、必要に応じて情報を取り出す事が出来るものです。ファイルメーカーの使い方は、データベースを構築する場合の使い方と、データベースとしての使い方の2つに別けて考えていきます。構築する上での使い多は画面をデザインしながらデータベースを構築する事が出来るのです。また、利用する場合も、必要に応じて複数のデータベースをリレーション機能を使い検索を行う事で、様々な情報を取得する事も可能です。

ファイルメーカーで新規にデータベースを作成すると何も無い画面が表示されます。その画面に必要なフィールドをツールを使って挿入してあげれば良いのです。後はそのフィールドの中に情報を蓄積してあげればそれだけでデータベースは完了となります。例えば、名前、年齢、性別という3つのフィールドを作りデータを蓄積させれば、この3つの情報を検索する事が出来るデータベースが出来上がると言う事です。また、名前と住所という2つのフィールドを持つデータベースを別に作成します。

最初に作ったデータベースの中に、住所というフィールドを挿入します。このフィールドの中にはデータを蓄積する必要は無く、ファイルメーカーの機能の一つでもあるリレーション機能を使う事で、2つ目に作成したデータベースの情報を取得すれば良いのです。データベースは形が大きくなると検索を行う時に時間が掛かる事があります。特にウェブ上にデータベースがあると、サーバーへの負荷により検索結果が出て来るまでに時間も掛かるのです。