インターネットのプロバイダはどうやって選ぶ?自分にあったものとは

Pocket

インターネット回線のプロバイダはキャリアが提供しているものだけでも、たくさんの種類が存在します。
また人によって優先したい条件も異なってきますので、ここが絶対に誰にでも良いというものを決めるのは大変困難です。
自分にあったものを選ぶためには、こだわりたい条件と自分の住んでいる地域や利用している携帯キャリアの種類など、
今置かれている状況を知ることも大切です。今回は自分にあったプロバイダを探している方のヒントになるように、価格やキャンペーン等について紹介していきます。

 

<キャリアが提供しているプロバイダの種類について>

キャリアが提供しているプロバイダや光回線には、auひかりやソネット光、nuro光やソフトバンク光、ドコモ光などがあります。
それ以外にも、DMM光、エキサイト光などその数は膨大です。キャリア独自の光回線を利用しているものもあれば、
光コラボレーションのものもあります。光コラボレーションとはNTTのフレッツ光の回線を借りて、
プロバイダ独自のサービスなどとあわせて、売りだしているもののことを指します。

 

 

プロバイダー独自のサービスと合わせてお得に使える

 

<価格とキャンペーンについて比較するには>

自分が現在利用しているキャリアが提供しているプロバイダや光回線と契約する場合は、
ホームページなどでサービス圏内と通信速度、キャンペーン内容や月額料金などを調べて比較する方法をおすすめします。
それ以外で、条件次第ではプロバイダと光回線を別に契約したり、キャリアを乗り換えたりすることも視野に入れているという方は、
比較サイト(価格ドットコムなど)で、プロバイダの料金比較やキャンペーンの適応でどのくらい価格が変わってくるかを比較することもできるので、調べてみてください。

 

プロバイダー、光回線からしっかり選びましょう

 

<プロバイダが対応している回線地域を知るためには>

光回線のサービス圏内はフレッツ光とほぼ同等のものです。独自の光回線を利用しているものは、
サービス圏内が限られていることがあるので、ホームページ等で自分の地域がサービス圏内に入っているかどうかを確認することが大切です。
また、SNSやブログ等で繋がりにくいなどの情報を載せている方もいるので、そちらを参考にしてみるという手段もあります。

 

<自分にあっているものとは>

光回線もプロバイダも比較対象が多く、どれを選べば良いのか自分にあったものとは結局何かと悩む方は多いでしょう。
わかりやすい決め方の一つは、やはり光コラボレーションのシステムを利用して自分が今契約している携帯会社が提供している、
光回線プロバイダから選ぶ方法でしょう。今契約しているところを乗り換えてでも、
安さや通信速度などの条件がより良いところに決めたいという方は、
SNSの口コミやプロバイダや光回線の公式サイトなどで情報を集めてから、それぞれ条件を比較する方法もあります。

 

<まとめ>

キャンペーンは新しいものが始まったり、既存のものが終了したり、内容が変更になったりすることが多くあるので、
契約する直前にもう一度キャンペーン等の情報を確認しておくことが大切です。
また、光回線のサービス圏内であっても通信速度が遅かったり、
繋がりにくかったりのトラブルが発生することもあるので契約前にSNSなどで口コミを調べたり、
サポート体制を確認しておくことも忘れないようにしましょう。
プロバイダによってはお試し期間が用意されているところもあるので、心配な方はそちらを先に申し込んでみる方法もあります。

コメントを残す

nineteen + 14 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)